容量5GB使える格安SIM一覧

5GBという容量は多くのMVNOで提供されている主流プランの一つです。3GBプランで容量が足りない場合に5GBプランを考えるといいでしょう。間に4GBプランもありますが、提供しているMVNOが少ないのと、5GBプランの最安クラスの方が安いケースもあります。少ない中から無理やり選ぶよりも選択肢を広げて選ぶことをおすすめします。

5GBの料金比較

MVNO 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
IIJmio 5GB 1520円 1660円 2220円 低速時366MB
mineo(Aプラン) 5GB 1580円 1580円 2190円 3GB
mineo(Dプラン) 5GB 1580円 1700円 2280円
楽天mobile 5GB 1450円 1570円 2150円 1GB
DMM mobile 5GB 1210円 1360円 1910円 低速時366MB
DTI SIM 5GB 1220円 1370円 1920円 3GB
U-mobile 5GB 1480円 1630円 1980円
FREETEL(従量制) 3〜5GB 1520円 1660円 2220円
FREETEL(定額) 5GB 1520円 1660円 2220円
OCN(日次コース) 5.1GB 1380円 1500円 2080円 170MB/日
OCN(月次コース) 5GB 1450円 1570円 2150円
NifMo 5GB 1600円 1750円 2300円 1100MB
b-mobile(おかわり) 5GB 1500円 1630円 2300円 低速時360MB
レキオス5STEPプラン 5GB 1850円 2000円 2350円
レキオス定額プラン 5GB 1480円 1630円 1980円
So-net(0SIM) 5GB 1600円 1750円 2300円
Fiimo(Aプラン) 5GB 1600円 1750円 2300円 3GB
Fiimo(Dプラン) 5GB 1600円 1750円 2300円
GMOシンプルプラン 5GB 1250円 1400円 1GB

IIJmio

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
ライトスタートプラン 5GB 1520円 1660円 2220円 低速時366MB

高速通信の切り替え、データの繰り越し、低速のバースト機能、通信量確認アプリとひと通り便利な機能が揃っている。料金も決して高くないが同機能を備えたDMM mobileと300円以上差があるのがネックか。

IIJmioの詳細

IIJmio公式サイト

mineo

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
Aプラン5GB 5GB 1580円 1580円 2190円 3GB
Dプラン5GB 5GB 1580円 1700円 2280円

フリータンクで毎月1000MBまで貰うことができます。このことから5GBを超えるかもしれない人にもおすすめできます。3日制限もなく(auプランはあり)データの繰り越しにも対応しています。低速通信は無制限に使えてバースト機能もあるので使いやすいです。通信量確認アプリもあり。

mineoの詳細

mineo公式サイト

楽天mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5GBプラン 5GB 1450円 1570円 2150円 1GB

3日制限の総量には低速通信量も合算されます。普通に使って3日制限に引っかからない人。そして低速通信を使わない人。こんな人なら楽天モバイルはおすすめできる。全てのコースで低速通信は使えますが、ライトプラン以外は高速通信のみで利用するプランだと思ったほうがいいです。

楽天モバイルの詳細

楽天モバイル公式サイト

DMM mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5GBプラン 5GB 1210円 1360円 1910円 低速時366MB

IIJmioがMVNE元になっている。IIJとほぼ同機能が使える。通信量確認アプリは高速通信の残量しか表示されないため、低速通信利用時に3日制限にいつ引っかかるのかが分からないという欠点がある。低速通信を利用しないなら関係ない。アプリの使い勝手はIIJに負けるが料金が安いのが最大の売り。

DMM mobileの詳細

DMM mobile公式サイト

DTI SIM

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5GBプラン 5GB 1220円 1370円 1920円 3GB

3日制限はあるが5GBプランとなると3GBとゆるいのでそんなに気にしなくていいでしょう。余った通信量の翌月繰り越しに対応されたが任意に低速通信を使うことはできず、通信量確認アプリもない。低速通信を必要としなく3日制限にもかからないのなら特に不便も感じることなく使えると思います。料金が安いのも魅力。

DTI SIMの詳細

DTI SIM公式サイト

U-mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5GBプラン 5GB 1480円 1630円 1980円

容量の繰り越し、高速通信のON/OFF機能なし。追加チャージと通信料を確認できるアプリがある。U-mobileは使い放題プランが有名ですが、5GBプランは特にパッとしません。定額プランなのに容量が繰り越せないのも他社と比べて見劣りします。

U-mobileの詳細

U-mobile公式サイト

FREETEL

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
使った分だけ安心プラン 3〜5GB 1520円 1660円 2220円
定額プラン 5GB 1520円 1660円 2220円

FREETELには追加チャージがないので定額プランで容量を使い切ると低速でしか利用できない。そこでFREETELの低速が遅いのが問題になる。なので定額プランは容量内でおさまる方向き。

従量制プランは通信量が一定しない人向きだが、FREETELの5GBだと前後が3GBと8GBになりかなり開きがあるので使いづらい。6GBしか使わなくても8GB分の料金になるのはもったいないといえる。

FREETELの詳細

FREETEL公式サイト

OCNモバイルONE

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
170MB/日コース 5.1GB 1380円 1500円 2080円 170MB/日
5GB/月コース 5GB 1450円 1570円 2150円

日次コースは3日制限ではなく1日制限となっています。1日に使える通信量が決まっている代わりに、月あたりの容量と料金が少しお得になっています。3日制限だと直近3日間の通信量が既定値を下回るまで高速通信を利用できませんが、1日制限だと日付が変われば高速通信を使えるようになるという利点があります。1日の通信量が170MB以内におさまるなら日次コースがお得になります。170MBを少し超えるくらいであれば日次コースでもいいですが、大きく超えるような日があるなら月次コースがいいかもしれません。

OCNモバイルONEの詳細

OCNモバイルONE公式サイト

NifMo

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5GBプラン 5GB 1600円 1750円 2300円 1100MB

データの繰り越しに対応。高速通信の切り替えはできない。3日制限があって通信量確認アプリ無し。使い勝手はよくなさそうですが、3日制限内でおさまる方なら、通信量を確認したり低速にしたりする必要が無いから関係ないです。ショッピングやアプリのダウンロードで割引されるバリュープログラムで、月額料金を0円にするのも可能みたいです。こういうのが合う人にはいいかもしれません。

NifMo公式サイト

b-mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
おかわりSIM 5GB 1500円 1630円 2300円 低速時360MB

通信量によって5段階で月額料金が変化する従量制プランです。月の通信量にばらつきがある人向けですが、おかわりSIMは上限が5GBまでなので、これ以上使うには追加チャージが必要になります。上限のために通信量が多くなった場合の従量制のメリットがなくなっています。5GB未満ですむ人、4GB付近で通信量が一定しない人などにいいでしょう。

おかわりSIMの詳細

おかわりSIM公式サイト

レキオスモバイル

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
5STEPプラン 5GB 1850円 2000円 2350円
定額プラン 5GB 1480円 1630円 1980円

従量制の5STEPプランだと明らかに割高で5GBが上限となっているので、契約するなら定額プランがいい。高速通信のON/OFF・データの繰り越し・通信量確認アプリはない。機能的な特長はほぼないシンプル仕様。

レキオスモバイルの詳細

レキオスモバイル公式サイト

So-net(0SIM)

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
0SIM 5GB 1600円 1750円 2300円

データの繰り越しなし。高速通信のON/OFF機能なし。従量制なので通信量の一定しない人向けだが、5GBに関しては向いていない。2048MBから5GBまで料金が同じなのと、容量の上限が5GBなので、超過すると追加チャージが必要になる。5GBでは使っても使わなくても従量制のメリットがかき消されてまるで定額制みたいになっています。定額制のイメージで使うなら料金も高くないのでありでしょうか。

0SIMの詳細

0SIM公式サイト

Fiimo

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
Fiimo(Aプラン) 5GB 1600円 1750円 2300円 3GB
Fiimo(Dプラン) 5GB 1600円 1750円 2300円

数少ないau回線を取り扱っているMVNOの一つだが、魅力的な独自サービスがなくパッとしない。同じau回線を扱うMVNE元のmineoの方に目がいってしまう。契約するならキャンペーンの時を狙うといいだろう。

Fiimoの詳細

Fiimo公式サイト

GMOシンプルプラン

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM 3日制限
シンプルプラン 5GB 1250円 1400円 1GB

音声SIMに非対応。月額料金最安クラスだが、毎月もらえるGMOポイントを支払いに使えば更に46円安くなる。5GBプランは直近3日間で1GBを超えると256kbpsに速度制限される。高速通信の切替機能なし。容量が余ってもチャージした容量以外は繰り越しできない。

GMOとくとくBB SIMの詳細

GMOとくとくBBシンプルプラン

まとめ

通信量が一定しないなら従量制プランがいいが、前述した理由からこの容量帯ではmineoか6GBプランのあるMVNOにした方がいい。6GBプランは数は少ないが実は5GBプランの料金と同等か安かったりする。

高速通信のみで3日制限内におさまるならどこの格安SIMでも問題ない。

この容量でシェアしたいならmineo・OCN・Fiimoがシェアできる。mineoとFiimoは契約者同士でないとシェアできない。

通話をある程度するなら楽天・DTI・FREETEL・U-mobileが通話オプションで安くなる。IP電話でもいいならOCN・mineo・Fiimo・Nifmoも選択肢に入る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイル:月額料金最大3ヶ月無料
期間中に音声SIMを新規契約すると、最大3ヶ月間月額基本料が無料になります。3ヶ月3GB増量キャンペーンと併用OK。2017年2月1日(水)〜3月31日(金)まで。

楽天モバイル:真冬のお得キャンペーン
ZenFone Go 780円〜、ZTE BLADE E01 が280円〜、HUAWEI P9 liteは14790円〜など3月10日(金)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で5000ポイントプレゼント2/20(月)9:59まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
通話SIMのライトSプラン(6GB)と12GBプランが6ヶ月間600円引き。データSIMと同じくらいの料金で利用できます。無料Wi-Fiも使えて1550円〜、2017年2月28日まで延長。

スポンサーリンク