容量6〜8GB使える格安SIMのプランを比較

6-8gb

6GBから8GBの料金プランがあるMVNOは少ないのでこの容量帯はまとめて紹介します。これだけの容量があれば動画もそこそこ視聴でき人によってはネット回線を格安SIMだけにすることもできます。 おすすめはDMMモバイル・BIGLOBE SIM・イオンモバイル・FREETELの4つです。

6〜8GB帯の料金比較表

MVNO名 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
BIGLOBE SIM 6GB 1450円 1570円 2150円
GMOとくとくBB 6GB 1430円 1550円 2130円
イオンモバイル 6GB 1480円 1620円 1980円
PLAY SIM 6GB 1680円 1820円 2380円
DMM mobile 7GB 1860円 2010円 2560円
ぷららモバイル 7GB 2036円 2198円 2792円
DMM mobile 8GB 1980円 2130円 2680円
イオンモバイル 8GB 1980円 2120円 2680円
FREETEL 8GB 2140円 2280円 2840円

※ぷららモバイルは税込み表示

DMM mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
7GBプラン 7GB 1860円 2010円 2560円
8GBプラン 8GB 1980円 2130円 2680円

料金プランが多いので少し少ない容量や多い容量に柔軟に対応できます。余った容量を翌月に繰り越して使えるのも便利です。

DMMモバイルはなんといっても料金の安さが最大の魅力。

8GBプランからは最大3枚のSIMで通信量をシェアすることができます。SIMカードは後から追加すると1枚3000円の手数料がかかりますが、契約時であれば2枚まで無料で追加できます。

Amazonでデータ専用パッケージを購入して、申込時にSIMカードを追加すると、追加手数料がかかるのでこの場合は割高になります。

DMM mobileの詳細

DMM mobile公式サイト

BIGLOBE SIM

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
ライトSプラン 6GB 1450円 1570円 2150円

BIGLOBE SIMはライトSプランから公衆無線LANが無料で使えるのと、他社の5GBプランの料金よりも安くて1GB分多く使えるのでかなりお得感があります。低容量プランにある3日間制限もないのでムラのある使い方でも大丈夫です。音声SIMならオプションの通話パック60を利用すれば電話代の節約にもなります。

BIGLOBE SIMの詳細

BIGLOBE SIM公式サイト

イオンモバイル

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
6GBプラン 6GB 1480円 1620円 1980円
8GBプラン 8GB 1980円 2120円 2680円

イオンモバイルはMVNE元がDMMモバイルと同じIIJmioというのと料金の安さでおすすめですが、サービス開始時のトラブルを引きずり今だにオンラインから契約できない状態が続きます。MVNO業界の経験が浅いだけに信頼性という点で1番にはおすすめできない。

イオンモバイルの詳細

イオンモバイル公式サイト

FREETEL

容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
8GB 2140円 2280円 2840円

FREETELは10GBを上限に、6段階で使った分だけ料金が加算されていく段階制の従量課金となっている。8GBがちょうど5段階目となり、5GBから8GBのデータ通信量だと上記の価格になる。6GBしか使わなくてもこの価格になり、余った2GB分を翌月に繰り越すことはできない。仮に容量が足りなくなってもチャージすることなく10GBまで使える。

10万パッケージ限定だが1分と5分までの通話がかけ放題になるFREETELでんわもある。一部のメッセンジャーアプリにかかる通信料が無料になったり、iPhoneアプリのダウンロードにかかる通信料が無料になるiPhone専用SIMがあります。

FREETELの詳細

FREETEL公式サイト

その他

GMOとくとくBBのスタンダードプランはBIGLOBE SIMとサービスの中身は同じです。提携により販売と料金請求をGMOが受け持っています。GMOで申し込むと月額料金が20円安くなりますが、BIGLOBE接続サービス契約者が受けられる200円の割引が適応されないなどの違いがあります。通話パック60は使えますが、敢えて20円の違いでGMOを選ばなくてもいいかなと思います。

So-netのPLAY SIMは他社より料金が高いのと、720MBの3日制限があるので除外。

ぷららモバイルは容量が余っても翌月に繰り越せないのと、月に使う容量が変化してもプランが少ないので、少しの変化に対応できない欠点があります。また最大速度が3Mbpsの定額無制限プランと同等くらいの速度しか出ないのでおすすめに選びませんでした。

まとめ

6GB帯はBIGLOBE SIM。7GB帯はDMMモバイル。8GB帯はDMMかFREETEL、次いでイオンがおすすめです。

ある程度通話するなら通話オプションのあるBIGLOBEやFREETELにすると通話料を安くできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」を利用開始の方に2ヶ月間3GBを付与8/31まで。その他、10分かけ放題初月無料7/31まで。選べる夏のトリプルキャンペーン7/31まで。

楽天モバイル:【初夏の大特価キャンペーン】
HUAWEI nova liteが15600円〜、HUAWEI P10 lite24800〜など7月13日(木)9:59まで。通話SIMのみの申し込みで1000円×6ヶ月割り引き、7月13日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で7000ポイントプレゼント7/3(月)10:00まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
3GB以上のプラン申し込みで5000円キャッシュバック。スマホ+端末だと最大13000円キャッシュバック。7/2まで。

スポンサーリンク