au回線の格安SIMでおすすめはmineo

au回線で使える格安SIMはmineo・UQ mobile・Fiimoの3つしかありませでしたが、2016年10月1日から、IIJmioがau回線に対応したことで選択肢が少し広がりました。ここではSIM選びの参考になるようにこの4つの特徴を比較してまとめました。

IIJmio

タイプA 容量 データSIM SMS対応SIM 音声SIM
ミニマムスタートプラン 3GB 900円 1600円
ライトスタートプラン 6GB 1520円 2220円
ファミリーシェアプラン 10GB 2560円 3260円

au回線ができたことで複数枚のSIMを発行するときに、タイプA・Dを混ぜて発行でき、A・D間でも通信量をシェアできるようになった。

また少し前にライトスタートプランが料金そのままで5GBから6GBに増量したことで、ミドルプランでの優位性が上がりました。

余った高速通信量は翌月までくりこして使える。高速と低速の切り替えができ、低速時は初速だけ高速で読み込むバースト機能がある。最大10枚のSIMカードでシェアが可能。

IIJmioの詳細

IIJmio(みおふぉん)

mineo

Aプラン シングルタイプ シングル+SMS デュアルタイプ
500MB 700円 700円 1310円
1GB 800円 800円 1410円
3GB 900円 900円 1510円
5GB 1580円 1580円 2190円
10GB 2520円 2520円 3130円

au回線の最有力候補。プランの選択肢は一番多くライトユーザーからヘビーユーザーに対応。Aプラン(au回線)からDプラン(ドコモ回線)またはその逆へのタイプ変更も可能。
当月の余った高速容量は翌月まで繰り越して使える。高速通信をOFFにして低速で使え、低速は無制限に使えます。家族やユーザー間でシェアできる機能あり。複数回線や家族で使うと5回線まで割引されます。

mineoの詳細

mineo公式サイト

UQ mobile

プラン データSIM データ+SMS 音声SIM 最大速度
高速プラン3GB 980円 980円 1680円 150Mbps
無制限プラン 1980円 1980円 2680円 500Kbps

ドコモ回線も含めて数あるMVNOの中でも1番速度が速いと言われているのがUQ mobileです。速度を重視するなら1番候補ですが、対応する容量のプランが少ないのがネックとなっています。無制限プランは最大速度が500kbpsに抑えられています。6GBの3日制限があるので、実質ひと月で60GB程度使えることになります。動画をよく視聴する方向けのプランといえます。データの繰り越し、高速と低速の切り替えに対応。

UQ mobileの詳細

UQ mobile公式サイト

Fiimo

Aプラン シングルタイプ シングル+SMS デュアルタイプ
3GB 900円 1050円 1600円
5GB 1600円 1750円 2300円
10GB 2650円 2800円 3350円

高速通信をOFFにして任意に低速で使うことはできない。低速は容量を使いきった時か3GBの3日制限に引っかかった時になる。余った高速容量は翌月まで繰り越して使えます。5回線までシェア可能。

Fiimoの詳細

Fiimo公式サイト

まとめ

  • au回線でシェアできるのはmineoとFiimoとIIJmio。
  • 速度重視ならUQだがプランが限られる。
  • 動画視聴が多いならUQの無制限プラン。
  • トータルバランスでmineoかIIJmioがおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン
音声通話SIMは月額基本料2ヶ月0円。10分かけ放題オプション初月無料など2018年5月7日(月)まで。

楽天モバイル:【春のビッグセール】
対象端末+SIMの申込みでスマホが最安980円から、2018年4月12日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で7000ポイントプレゼント3/26(月)10:00まで

mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン
デュアルタイプ(データ+音声)新規申し込みで全プラン6ヶ月間月額基本料から900円割り引き。2018年5月8日(火)まで。

DTI SIM:半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと10分かけ放題が付いて半年間1520円/月。

スポンサーリンク