DMMモバイルのシェアコースにおけるSIMカードの追加手数料解説

DMM mobile

DMMモバイルのシェアコースはSIMカードを最大3枚まで発行できます。SIMカードの追加手数料は1枚につき3000円ですが、状況によって手数料が必要な場合と必要でない場合があってややこしいのでまとめました。

DMMモバイルシェアコースのポイント

  • シェアできるのは8GB以上のコースから
  • SIMカードの上限枚数はデータSIMと通話SIMを合わせて3枚
  • シェアコースでは低速のライトプランは利用できない。
  • SIMカードの追加手数料は1枚につき3000円。

新規契約時

新規契約時にシェアコースを申し込んでSIMカードを複数枚発行してもSIM追加手数料はかかりません。シェアコースを希望ならこの時にSIMカードを追加しておくのが一番いいでしょう。

ただし新規契約時でも例外があります。公式ホームページから直接申し込まずに、Amazonで購入したパッケージを経由して申し込んだ場合です。

[例外]Amazonのパッケージで申し込んだ場合

データSIMのパッケージ購入

Amazonで購入したのがデータ専用SIMやSMS機能付きSIMだとSIMカードがパッケージに入っています。シェアコースを申し込むとSIMカードを後から追加するかたちになるので、追加するSIMカードの枚数分手数料が必要となります。

データ専用SIMやSMS機能付きSIMだけでシェアコースをお考えの方は、Amazonで購入したパッケージで申し込むと逆に割高になることになります。

音声SIMのパッケージ購入

Amazonで音声SIMのパッケージを購入した場合、パッケージにはSIMカードが入っていません。シェアコースを申し込む時にSIMカードを複数枚発行してもSIMカードの追加手数料はかかりません。

シェアコース希望で音声SIMが1枚でも入るのであれば、Amazonでは音声SIMのパッケージを購入して、申込時にSIMの種類と枚数を指定することでSIMカードの追加手数料は取られません。

後から追加

シェアコースを利用中に後からSIMカードを追加すると追加するSIMカードの枚数分の手数料が必要となります。

コースを変更して追加

他のコースからシェアコースにコースを変更する時に、SIMカードを追加すると1枚につき3000円の手数料がかかります。

まとめ

新規契約時にSIMカードを追加する分には手数料は必要ない。後から追加する時は1枚につき3000円の追加手数料が発生する。

例外として新規契約時でも、AmazonでデータSIMのパッケージを購入した場合は追加手数料が必要となる。

Amazonのパッケージ経由で契約すると、初期手数料が安くなるがこの場合は逆に割高になるので注意。

DMMモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン
音声通話SIMは月額基本料2ヶ月0円。10分かけ放題オプション初月無料など2018年5月7日(月)まで。

楽天モバイル:【春のビッグセール】
対象端末+SIMの申込みでスマホが最安980円から、2018年4月12日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で7000ポイントプレゼント3/26(月)10:00まで

mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン
デュアルタイプ(データ+音声)新規申し込みで全プラン6ヶ月間月額基本料から900円割り引き。2018年5月8日(火)まで。

DTI SIM:半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと10分かけ放題が付いて半年間1520円/月。

スポンサーリンク