レキオスモバイルまとめ

s_lequios-mobile (1)

概要

レキオスモバイル通称レキモ。沖縄県で光ブロードバンドサービスを展開する株式会社レキオスがはじめたMVNO。サービススタートは平成27年10月1日と比較的新しい。マイナーなMVNOだが料金プランは大手にも劣らず優位な点も見られる。

料金プラン

ドコモ回線 下り最大150Mbps 上がり最大50Mbps
容量超過時 最大125kbps

1名義で5回線まで。セット販売の契約は最大3回線まで契約できる。

利用開始日は契約手続き完了日の翌日。利用開始月の料金は日割り計算となる。

高速通信LTE5STEPプラン

容量 データ専用 SMS機能付き 通話プラス
1GB 450円 600円 950円
2GB 800円 950円 1300円
3GB 1150円 1300円 1650円
4GB 1500円 1650円 2000円
5GB 1850円 2000円 2350円

5STEPプランは5段階の従量制になっている。注目は1GBと2GBで、データSIMの1GBでイオンモバイルの480円よりも安い。30円の差なので誤差と言えるが、通話SIMの価格を見るとDTI SIMの1200円やFREETELの1199円よりも200円以上も安い。1GB帯ではおそらくデータ・音声ともに最安となる。

データの2GBもDMMモバイルの770円、イオンモバイルの780円に次ぐ安さ。通話2GBだとイオンの1380円より80円も安い。

逆に3GB以上になると急に割高になる。ただしデータSIMと音声SIMの価格差が500円と小さい為、3GB以上でもデータSIMに比べて音声SIMの割高感は少ない。

高速通信LTE定額プラン

容量 データ専用 SMS機能付き 通話プラス
1GB 790円 940円 1290円
3GB 1080円 1230円 1580円
5GB 1480円 1630円 1980円
使い放題 2480円 2630円 2980円

定額プランでは5STEPプランにあった2・4GBがない代わりに使い放題プランがある。5STEPプランでは容量が少ないプランが価格的に優位であったのに対して逆の構造になっている。容量の少ないデータ1・3GBは割高、5GBは普通。使い放題はお得な構造。

音声についてはデータSIMと500円しか差がないので1GBでは安い。3GBでは普通。5GBと使い放題では安くなっている。

定額制の料金はU-mobileに似ていますね。

オプション

  • 留守電 300円/月
  • キャッチホン 200円/月
  • 国際電話 無料
  • 国際ローミング 無料
  • 追加チャージ
容量 料金
100MB 300円
500MB 500円
1GB 800円

その他費用

  • 契約事務手数料 3000円
  • 通話料 20円/30秒 デジタル通信料 36円/30秒
  • SMS基本料 150円/月(表はSMS基本料を含んだ料金となっています)
  • SMS送受信 国内送信3円/通 海外送信100円/通 受信無料
  • SIMサイズ変更 3000円
  • SIMカード再発行 3000円(音声SIMのみ)
  • SIMカード交換 3000円
  • MNP転出手数料 3000円

支払い方法

クレジットカードと口座振替に対応。デビットカードは不可。対応クレジットカードはVISA・Mastercard・AMEX・DinersClub。口座振替は沖縄県在住者の方のみ対応。

特徴

L-CALL

無料で使えるL-CALLアプリを利用して通話すると、通常30秒20円の通話料が半額の30秒10円になる。

注意点

速度制限

5STEPプランは5GBを超過すると送受信最大128kbpsに制限。定額プランは契約容量を超過すると最大128kbpsに制限されます。制限されても追加チャージをすることで高速通信を利用することが可能です。

他のMVNOでは制限されて最大200kbpsというのが多いですが128kbpsというのはデメリットですね。

3日間あたりの通信量に上限があるような記述は見当たりませんでした。使い放題プランでもないのならU-mobileより優位点になります。

※Wi-Fiルーター+SIMのセットでは直近3日間で5GBを超過すると制限されるとの記載あり。仮に使い放題プランでこれが当てはまるとしても、U-mobileよりは多く使えますね。

最低利用期間と解約金

データ専用SIM、音声プラスSIMともに契約月を含む6ヶ月以内に解約すると解約時無手数料9800円がかかります。データプランでも最低利用期間があるのはマイナス点と言えます。

SIMカードの返却

SIMカードは貸与されているものなので解約したら返却する必要があります。解約した月の翌月15日までに返却されない場合損害金2000円が発生します。

SIMカード返却先

〒900-0006
那覇市おもろまち4-19-16
LEQUIOS mobile

他のMVNOとの比較

MNP転入

店頭申込の場合は不通期間なしで即日受取りが可能。ただし現状店舗が沖縄県に1店舗しかない。

データの節約

従量制のプランや使い放題のプランがあるためか高速通信をOFFにする機能はないみたいです。

データの繰り越し

余ったデータ量を翌月に繰り越すことは出来ないみたいです。

データのシェア

データ量を共有できるシェアプランはないみたいです。

アプリ

通話料が半額になるL-CALLアプリはありますが通信量を確認できるアプリはありません。通信量はマイページから確認できます。

コメント

レキオスの面白いところは従量制では2GBまでの容量が少ないプランが安く、定額制では容量の大きい5GBや使い放題プランがお得になる構造になっているところ。

そして競争の激しい3GBプランでは割高になっている。

またデータプランと音声プランの差が他のMVNOよりも少ない500円となっている為、従量制の3GB以降の音声プランではデータプランほど割高ではない。定額制の音声プランでは3GBでは相場同等、他は安くなっている。

1GBや2GBで最安はDTI SIMとイオンモバイルだと思っていたらレキオスの方が安かったという事実。

マイナーなMVNOですが価格面やプランの柔軟性では有名所に劣っていません。これにスピードが伴えば意外な穴場的なMVNOかもしれません。

レキオス公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

楽天モバイル:冬の大特価セール
ZenFone 2 Laser 780円〜、ZTE BLADE E01 が380円〜、MediaPad T17.0LTEは480円〜など2月1日(水)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で5000ポイントプレゼント1/30(月)9:59まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
通話SIMのライトSプラン(6GB)と12GBプランが6ヶ月間600円引き。データSIMと同じくらいの料金で利用できます。無料Wi-Fiも使えて1550円〜、2017年1月31日まで。

スポンサーリンク