LINEモバイルの料金プランと基本機能・注意点

LINEモバイルは対象サービスのデータ通信料がカウントされないのが特長。対象サービスに限っては契約プランの容量を消費せずに利用できる。
またLINEと連携することで通信量の確認やデータのプレゼントなどができるようになる。

LINEモバイルの料金プラン

LINEフリープラン

カウントフリー対象サービス:LINE

容量 データ データ+SMS データ+音声
1GB 500円 620円 1200円

ライトユーザーにおすすめのプラン。1GBの高速通信が500円で使えてLINEの通信量は無料。(一部除く)

コミュニケーションフリープラン

カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram

容量 データ データ+SMS データ+音声
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

データ専用SIMなし。
LINEとTwitter、Facebook、Instagramの通信量が無料のプラン。(一部除く)

MUSIC+プラン

カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram

容量 データ データ+SMS データ+音声
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

データ専用SIMなし。
MUSIC+プランはコミュニケーションフリープランの内容にLINE MUSICもカウントフリーになったものです。

LINE MUSICを利用する人専用のプランですが、LINE MUSICの利用料金は別途必要です。

このプランに申し込むと、初回に限りLINE MUSICの30日間無料チケットがもらえます。

その他費用

登録事務手数料 3000円
SIMカード発行手数料 400円
通話料 20円/30秒

支払い方法

クレジットカードとLINE Pay、LINE Payカードに対応。

LINE Payはクレジットカードの登録が必要です。

LINEモバイルの基本機能

ここでは独自機能とは別に多くの格安SIMで採用されているものを基本機能として、使えるか使えないかで紹介しています。

データの繰り越し

余った高速通信の容量は翌月末日まで繰り越して利用することができます。

高速通信の切り替え

LINEモバイルでは高速通信と低速通信を任意に切り替えることができません。契約プランの高速容量を使い切ると、自動で低速通信に切り替わります。カウントフリー対象サービスは高速容量がなくなっても高速で利用できます。

容量の追加購入

契約プランの容量を使いきっても容量を追加購入することで高速通信を利用できます。

0.5GB 500円
1GB 1000円
3GB 3000円

追加購入した容量は購入した月の翌月末日までが有効期限になります。

データのシェア

LINEモバイルの公式アカウントから利用者連携するとLINEモバイルを使っているLINEの友達同士でデータをプレゼントできるようになります。

プレゼントされたデータは翌月に繰り越すことはできません。

通話料半額

LINEモバイルは通話料が半額になりません。
しかしLINEモバイルを利用する人はおそらくLINEを利用していることと思います。LINEには無料通話と安いLINE通話があるのでこれで代用できます。おそらくこの2つがあることから定額でかけ放題になるサービスも採用されないのではと思われます。

アプリ

LINEモバイルの専用アプリはありませんがLINEアプリと連携することができます。連携するとLINEで通信量を確認したりデータをプレゼントしたりできます。

注意点

速度制限

契約プランの高速容量を使いきったら最大200kbpsの速度に制限されます。ただしカウントフリー対象サービスについては、高速容量がなくなっても高速通信で利用できます。

帯域を長時間専有するなど、他の利用者に迷惑になるような場合は、カウントフリー対象サービスであっても制限されることがあります。

最低利用期間と解約手数料

音声SIMは利用開始日の翌月から12ヶ月間が最低利用期間。12ヶ月以内に解約すると9800円の解約手数料が発生します。

データSIMとSMS付きSIMは最低利用期間なし。

一部のMVNOからMNP転入できない可能性

Q:MNP(携帯電話番号ポータビリティー)ができない場合はありますか?

A:下記のMVNO事業者からのMNPの場合、お申し込みいただけない場合があります。その際はLINEモバイルカスタマーセンターよりご連絡させて頂きます。

<事業者名 / サービス名> ※2016/11/22現在
⋅NTTコミュニケーションズ株式会社:「OCNモバイルONE」
⋅NTTPCコミュニケーションズ株式会社:「Master’sONE」
⋅株式会社NTTぷらら:「ぷららモバイル」
⋅株式会社ニフティ:「Nifmo」
⋅株式会社グローバルトラストネットワークス:「GTN MOBILE」
⋅株式会社サンライズ:「Sun-Netモバイル」
⋅株式会社朝日ネット:「ANSIM(アンシム)」
⋅株式会社日友インターナショナル:「MUSASHI MOBILE」
⋅ジャパンモバイル株式会社:「J⋅mobile」
⋅有限会社ウィル:「ハルモバイル」
⋅株式会社坊ちゃん電力:「坊っちゃん電力のSIMカード」
⋅大一ガス株式会社:「大一でんわ」
⋅ネクストパワーやまと株式会社:「やまとモバイル」
⋅株式会社MEモバイル:「カシモ」

よくある質問

コメント

LINEと連携することでサービスが広がることから、LINEユーザーのための格安SIMといえます。

といってもLINEを使わなくてももちろん使えます。

料金的にはLINEフリープランが安くてライトユーザーにおすすめ。

コミュニケーションフリープランはデータ専用SIMがないだけで料金的には特段高くありません。

カウントフリー対象サービスは元々データ通信量が大きくないものばかりなのでメリットとしては限定的です。

MUSIC+プランはLINE MUSICを利用する人用のプランですが、LINEミュージックの料金は別途必要です。

毎日1時間から2時間以上、LINEミュージックを高音質で楽しみたい方向けのプランです。

加入特典としてLINE MUSIC30日間無料チケットがもらえます。

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC(ラインミュージック)
無料
posted with アプリーチ

LINEモバイル公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」を利用開始の方に2ヶ月間3GBを付与8/31まで。その他、10分かけ放題初月無料7/31まで。選べる夏のトリプルキャンペーン7/31まで。

楽天モバイル:【初夏の大特価キャンペーン】
HUAWEI nova liteが15600円〜、HUAWEI P10 lite24800〜など7月13日(木)9:59まで。通話SIMのみの申し込みで1000円×6ヶ月割り引き、7月13日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で7000ポイントプレゼント7/3(月)10:00まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
3GB以上のプラン申し込みで5000円キャッシュバック。スマホ+端末だと最大13000円キャッシュバック。7/2まで。

スポンサーリンク