低速通信が無制限で使える格安SIM

低速通信

低速通信が無制限に使える格安SIMは意外と少なくて貴重な存在です。

低速通信が無制限に使えるSIMの使いどころはラジオや音楽のストリーミング配信です。

低速通信に多いのが、最大200kbpsという速度です。これくらいの速度があればラジオや音楽を充分楽しむことができます。

1時間音楽ストリーミングをすると、通常の音質で約30MBの通信量になります。毎日1時間ほど聞くとひと月で1GB近くの通信量を消費します。

格安SIMの契約容量が1GBだった場合、音楽を聞くだけでひと月分の容量を使いきってしまうことになります。

しかし低速通信が無制限に使えれば、容量を気にせず音楽を好きなだけ聞くことができるというわけです。

ということで低速通信が無制限に使える格安SIMをまとめました。

UQmobile

月額料金 980円〜
高速通信
バースト機能

高速通信は格安SIMの中で最速と評判です。
節約モードにすることで低速通信に切り替えられます。
低速通信は3GBプランは最大200kbps、無制限プランは500kbps、ぴったりプラン・たっぷりプラン・おしゃべりプランは300kbpsの速度で使えます。

低速通信は無制限に利用できます。(無制限プランは3日で6GBの利用制限がありますが、500kbpsの速度では制限にかかるのが難しく実質無制限といっていい)

バースト機能は公式に記載されていない。ネット上ではバースト機能っぽい初速をするという報告があるので備わっているかもしれません。

UQmobileの詳細

公式サイト:UQ mobile

OCNモバイルONE

月額料金 900円〜
高速通信
バースト機能

OCNモバイルは15GBコース(500kbps)を除いて高速通信をOFFにすると低速通信で利用することができます。そしてこの低速通信は無制限に使えるという特長を持っています。

2016年9月6日からバースト機能に対応されました。低速通信時の通信開始時に、一定量(150KB)だけ高速通信で読み込みます。

OCNモバイルの詳細

公式サイト:OCN モバイル ONE

mineo

月額料金 700円〜
高速通信
バースト機能

mineoに低速通信専用のプランはありませんが、OCNモバイルと同様に高速通信をOFFにして低速通信が無制限に使うことができます。

そしてこの低速通信は、データ通信を行う初めの一瞬だけ高速で読み込むので、軽いWebページなどならそんなに遅さを感じないと思います。

mineoの詳細

公式サイト:mineo

楽天mobile

月額料金 525円〜
高速通信
バースト機能

楽天モバイルにには低速通信専用のベーシックプランがあります。このプランでは低速通信が無制限で使え、必要であれば高速通信をチャージして利用することもできます。

高速通信プランでも低速通信に切り替えて使うことができ、同じく無制限に利用できますが、高速通信プランには3日間制限があります。(20GB・30GBプランを除く)

3日間制限とは直近3日間で使えるデータ通信量が決められていて、それを超えると容量が下回るまで速度制限されるというものです。

楽天モバイルではこの3日間制限の既定値に、低速通信量もカウントされてしまいます。

つまり3日間で使えるデータ通信量が決まっていて、この中には低速通信量も含まれるので、低速通信を使えば使うほど、高速通信が使えなくなるということになります。

このことから楽天モバイルに限っては、低速通信は無制限ですが、高速通信プランではわざわざ切り替えて低速通信する意味があまりないといえます。

低速通信無制限を利用するのであれば、低速専用プランがいいでしょう。楽天モバイルの低速にも一瞬だけ高速通信するバースト機能が備わっています。

楽天mobileの詳細

公式サイト:【楽天モバイル】

FREETEL

月額料金 299円〜
高速通信
バースト機能

FREETELは従量制の料金となっています。

データ専用SIMで高速通信の利用量が、100MBまでなら299円。1GBで500円というコストパフォーマンスの高さが魅力です。

FREETELも高速通信をOFFにすると低速通信が無制限で使えます。

しかしFREETELの低速通信は他に比べて遅めの傾向です。

バースト機能もないので読み込みにも時間がかかります。利用した経験ではあまり実用的ではありませんでした。実用できるかどうかは今後のスピード改善次第です。

FREETELの詳細

公式サイト:FREETEL

まとめ

UQモバイルの無制限プランは動画も視聴したい方におすすめスマホで観る分には十分な速度が出る。

楽天モバイルは高速通信プランでは低速利用に向かない。低速専用プランでも高速通信を利用できるがチャージする必要がある。チャージは割高になるのであまりしないにこしたことはない。主に低速通信だけの利用を想定している人向けだ。

高速通信の利用も想定しているなら楽天モバイル以外がいいが、FREETELは低速通信が実用的でないので除外したほうが無難。

OCNはプランが3GBからしかない。高速容量がそれ以下でいいならmineo一択になる。

mineoは3GB未満の容量だと高いが、フリータンクで1000MBもらえるのを考慮すると妥当な価格と言えます。

統合すると低速通信だけでいいなら楽天モバイルかUQモバイル。高速通信も使いたくて3GBいらないならmineo、3GB以上ならmineoかOCNかUQモバイルがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

楽天モバイル:冬の大特価セール
ZenFone 2 Laser 780円〜、ZTE BLADE E01 が380円〜、MediaPad T17.0LTEは480円〜など2月1日(水)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で5000ポイントプレゼント1/30(月)9:59まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
通話SIMのライトSプラン(6GB)と12GBプランが6ヶ月間600円引き。データSIMと同じくらいの料金で利用できます。無料Wi-Fiも使えて1550円〜、2017年1月31日まで。

スポンサーリンク