OCNモバイルONEは安心のNTTグループ

s_-link_id=in_mobileone_navi_0001

概要

業界シェア大手のOCNモバイルONE。一般的なコースに加えて日単位で利用する日次コースや、500kbpsで15GB使えるコース。IP電話が無料で使える音声プランにシェアもできるなど豊富なプランで幅広い層に対応。データの節約や繰り越しにも対応しており使い勝手もいいと言える。

プラン

ドコモ回線 上がり最大262.5Mbps 下り最大 Mbps
容量超過時 最大200kbps

コース データ通信専用SIM SMS対応SIM 050 plusつきSIM 音声対応SIM
110MB/日コース 900円 1020円 1050円 1600円
170MB/日コース 1380円 1500円 1530円 2080円
3GB/月コース 1100円 1220円 1250円 1800円
5GB/月コース 1450円 1570円 1600円 2150円
10GB/月コース 2300円 2420円 2450円 3000円
500kbpsコース 1800円 1920円 1950円 2500円
  • 事務手数料 3000円
  • 通話料 20円/30秒
  • SMS送信料 国内送信0円〜/通 海外送信50円(不課税)/通 海外から送信100円(不課税)/通

日次コースはデータの繰り越しが翌日までなので毎日平均して基本容量の2倍くらいの間で利用する方向け。

1日に使える容量を制限されたくない方は月次コース向け。

500kbpsコースは速度よりも容量重視の方向けでしょうか。OCNは低速通信が無制限に使えるという特徴がありますが、速度が遅いだけに万能というわけではありません。もう少し速度が欲しいという人が500kbpsコースにするといいと思います。

容量追加オプション

コース 容量 料金 有効期限
110MB/日コース 無制限 500円 当日限り
170MB/日コース 無制限 500円 当日限り
3GB/月コース 0.5GB 500円 3ヶ月後の月末まで
5GB/月コース 0.5GB 500円 3ヶ月後の月末まで
10GB/月コース 0.5GB 500円 3ヶ月後の月末まで
500kbpsコース 0.5GB 500円 3ヶ月後の月末まで

日次コースの容量追加は1ヶ月6回まで。月次コースは1ヶ月5GBまで。日次コースは当日までですが無制限で使えるのがいいですね。シェアをしている場合全てのSIMで使い放題になります。

オプション

  • 5分かけ放題 850円/月
  • OCNマイポケット 300円/月
  • マイセキュアforスマートフォン 250円/月
  • 留守番電話サービス 300円/月
  • キャッチホン 200円/月
  • 公衆無線LAN 300円/月
  • アクセスポイント 500円/月
  • 国際電話 0円
  • 国際ローミング 0円
  • 転送電話 0円
  • 迷惑電話 0円
  • SMS拒否 0円
  • 遠隔操作 0円
  • 着信通知 0円
  • 英語ガイダンス 0円
  • 公共モード(電源OFF時) 0円

その他費用

  • SIM変更手数料 データSIM1800円 音声SIM3000円
  • MNP転出 3000円

支払い方法

クレジットカードのみ。プリペイドSIMはクレジットカード以外も可。基本はクレジットカードのみだが持っていない人のために口座振替もできるみたいだ。

クレジットカードをお持ちでないなどの理由から口座振替によるお支払いをご希望の場合は、「OCN モバイル ONE SIMカード情報入力」画面での登録は行わずに、以下のカスタマーズフロントへご連絡いただき、口座振替でのお支払い希望であることをお伝えください。
※:口座振替の場合、申込用紙にご記入、返送していただいた上での受付となるため、SIMカード送付から開通までにお時間をいただくことになります。ご了承ください。
先行して口座振替のお申し込みをいただいた場合につきましても、OCN会員証に口座振替申込書が同封されますが、お手続きは完了しておりますので、返送は不要です。
お申し込み後、4ヵ月以上経過しても書類不備等により口座振替のお手続きが完了していない場合は、OCN モバイル ONEを解約させていただく場合がございますので、ご注意ください。
カスタマーズフロント
フリーダイヤル:0120-506506
受付時間:10:00~19:00(土日祝日含、年末年始は除きます)
よくある質問-お支払い方法について

特徴

5分かけ放題

2016年8月1日から定額通話をオプションで付けられるようになりました。月額850円で5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分を超過した分の通話料は10円/30秒です。

電話回線なのでIP電話の050Plusより安定した音質が期待できます。

カウントフリー機能

カウントフリー機能とは対象サービス利用時にかかる通信量が契約容量から消費されない機能です。契約容量を使いきった状態でも高速通信で利用できます。対象サービスは「050 plus」「OCNモバイルONEアプリ」「マイポケット」とOCNマイページの一部。

050やマイポケットを使わない人にとってはアプリだけしかカウントフリーにならないので大した機能ではない。

マイポケットは有料のクラウドストレージサービスです。毎日写真を撮ってマイポケットにアップロードするなんて人にはカウントフリー機能はありがたいです。

050plusはネット回線を利用したIP電話ですが、ネット回線を利用しているだけに回線が遅いと声が鮮明に聞こえなかったり遅延が激しいなど使いやすさに差がでてきます。高速通信をOFFにしている時に着信があると、低速状態なので通話が心配ですが、カウントフリー機能で高速が使えるのならば安心です。(高速通信をOFFにしていてもカウントフリー機能が働くのかは未確認)

OCN光モバイル割

OCN光サービスとセットで利用するとOCNモバイルONEの月額料金が200円/月割引になる。最大5契約1000円まで割引される。
一見お得なようですが、元々の月額料金が少し高めなのでセット割で相場と同等か少し安くなる程度です。契約回線が多い人にはメリットが高いでしょう。

日次コースがある

日次コースとは高速通信の容量が日単位になっているコースです。通常は月に何GBとかですが、日次コースでは日毎に何MBとかになっています。1日に使える容量は決まっていますが、月にすると月次コースよりも安く多い容量を使うことができます。

050 plus

IP電話サービスの050plus(300円/月)を、音声対応SIM契約者はSIM1枚につき1番号無料で利用できる。データ対応SIM契約者は半額の150円で利用できる。

050 plus利用時の通話料

通話先 料金
050 plus同士の通話 無料
固定電話 8.64円/3分
携帯・スマホ 17.28円/分
070から始まるPHS 10.8円/分

Wi-Fiスポットサービス

期間限定のトライアルサービスから通常サービスとなりました。全国約48000ヶ所のOCNモバイルONEアクセスポイント、駅、カフェ、ホテルなどのWi-Fiスポットを無料で利用できます。プリペイドSIMは対象外。

低速通信が無制限で使える

OCNは低速通信が無制限で使えます。低速制限がないMVNOは少ないだけに大きなアドバンテージになっていると思われます。

他のMVNOでは高速通信か低速通信のどちらかで大抵3日間あたりの通信量に上限があります。OCNではこれが両方ともない(月次コースにおいて)ので大きな強味になっています。

殆どのMVNOのプランにある3GBにおいての相場は900円くらいですが、OCNはそれより200円も高いです。OCN光とのセットでやっと相場同等になります。しかし低速通信の制限がないのを考慮すると決して高くない価格だと言えます。

バースト機能

低速通信時において、通信開始の一定量を高速で読み込むバースト機能に対応しました。一定量は150KBだそうです。

利用開始月無料

利用開始月の月額料金が無料になります。(利用開始月に解約した場合を除く)正確には申込日の10日後を含む月は無料となっています。

注意

速度制限

容量を超過すると最大200kbpsに制限。それ以外の速度制限はない。

最低利用期間と解約金

音声対応SIMは利用開始月を1ヶ月目として6ヶ月目まで。音声SIMから他のSIMに変更した場合も同様です。途中解約は解約金8000円(不課税)がかかります。

SIMカードの返却

返却の必要があります。解約手続き完了後に「SIMカードのみタイプ」「容量シェアSIMタイプ」はSIMカードを以下の返却先まで送ります。

「WiFiルータータイプ」「USBタイプ」は返却用キットをが送付されてくるので、それを利用してレンタルデータ端末を返送します。

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1
東京団地倉庫A2棟
住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」行

他のMVNOとの比較

MNP転入

「らくらくナンバーポータビリティ」でSIMカードが届いてから転入手続きができます。対応店舗の即日受け渡しカウンターで即日対応。

コース変更

1ヶ月に1回までできます。月末日は申込みできません。翌月1日午前1時から適応されます。

データの節約

ターボ機能があります。SIMごとに高速通信をON/OFFできます。OFFにすると最大で200kbpsの速度になります。500kbpsコースについては、追加容量がある場合のみ切替できます。

データの繰り越し

日次コースは翌日まで。月次コースは翌月末まで繰り越せる。500kbpsコースは繰り越せない。

途中でコースを変更した場合の繰り越し例

変更過程 有効期限
日次コース→月次コース  翌月末日まで。
月次コース→日次コース  翌日まで。
日次コース→500kbps  翌月末日まで。速度は500kbps。
月次コース→500kbps  翌日まで。速度は500kbps。

日次コースから月次コースへ変更する時は問題ないが、その逆だと繰り越し分は翌日までしか繰り越せないのであまり多いと使い切れない。ここは注意したいところだ。

追加容量の繰り越し

基本の契約容量の繰り越しと、追加した容量の繰り越しは少しルールが変わります。追加容量の繰り越しは以下の場合出来ません。

  • 日次コース→月次コース
  • 月次コース→日次コース

データのシェア

OCNではデータをシェアすることができます。

容量シェア データ専用SIM SMS対応SIM 音声対応SIM
初期費用 1800円 1800円 3000円
月額利用料 450円 570円 1150円

SIMカードは4枚まで追加できる。(合計で最大5枚)1枚追加する毎に初期費用がかかります。また追加SIM1枚毎に毎月利用料が発生します。

アプリ

「OCNモバイルONEアプリ」があります。高速通信の残量確認。ターボのON/OFF切り替え。当日と今月のデータ通信量。容量追加など多機能です。

OCNモバイル人気の秘密

OCNの料金表を見ると特に安くないです。多くのMVNOが採用する3GBなんかはあきらかに相場より高いです。それなのに多くのシェアを獲得しているのは何故なのか?

一つは日次コースの存在があげられます。3GB/月次コースは割高ですが110MB/日次コースだと一日の利用量に制限があるものの一ヶ月あたりの料金と容量がお得になります。

また音声プランだと月額300円の050 plusを無料で使うことができます。その分を含めると料金は最安クラスになります。無料のIP電話アプリは他にもありますが、プランに付加することでお得感を出すのに成功しています。

他にOCN光を契約している人は200円割引になるなど売り方の上手さに加え、運営がNTTコミュニケーションズという安心感や、CM放送などによる認知度の高さ等が挙げられます。

肝心の中身を見てみると、容量を超過した時以外の速度制限がないという他にない強味や、データの節約・繰り越し・シェアにも対応。高機能なアプリの存在などから使いやすく、ここらへんがユーザーの需要にあってシェアを伸ばしているのではと思います。

多くのシェアを獲得しているのにはそれなりの理由があったということです。かけ放題の通話オプションがはじまったこともあり、今後もユーザー数を伸ばしていくのではないでしょうか。

ただし利用者が多いだけに速度はそんなに速くないみたいです。速度を求める方は他のMVNOにしたほうがいいかもしれません。

OCNモバイルONE公式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

楽天モバイル:冬の大特価セール
ZenFone 2 Laser 780円〜、ZTE BLADE E01 が380円〜、MediaPad T17.0LTEは480円〜など2月1日(水)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で5000ポイントプレゼント1/30(月)9:59まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
通話SIMのライトSプラン(6GB)と12GBプランが6ヶ月間600円引き。データSIMと同じくらいの料金で利用できます。無料Wi-Fiも使えて1550円〜、2017年1月31日まで。

スポンサーリンク