Rakuten Mobile(楽天モバイル)のまとめ

s_rakuten-mobile2

概要

速度もまずまず出て料金も安い。楽天スーパーポイントも貯まるので楽天市場ユーザーにとっては第一候補にあがるMVNOと言える。ただし少々癖のある仕様となっているのでしっかり理解していないと思わぬ落とし穴にはまることに。

プラン

ドコモ回線 下り最大225Mbps 上がり最大50Mbps
容量超過時 最大200kbps

データプラン SMSプラン 通話プラン
ベーシックプラン 525円 645円 1250円
3.1GBプラン 900円 1020円 1600円
5GBプラン 1450円 1570円 2150円
10GBプラン 2260円 2380円 2960円
20GBプラン 4050円 4170円 4750円
30GBプラン 5450円 5520円 6150円

ベーシックプランは上下最大200kbpsの低速通信専用プラン。

  • 事務手数料 3394円
  • 通話料 20円/30秒
  • SMS送受信 国内送信 3円/通 海外へ送信 50円(不課税)/通 受信 0円

オプションサービス

  • 5分かけ放題オプション 850円
  • アドレス帳・写真移行サービス
    一時預かり 5000円+代替え機の通話料
    出張設定 11000円
  • 端末補償 500円/月
  • スマホサポート 500円/月
    設定や使い方を電話でサポート
  • 端末補償・スマホサポートパック 800円/月
    スマホサポートに端末の破損や故障に交換サポートを受けられる端末補償のセット
  • スマートフォンセキュリティ 300円/月
  • 楽天メール 0円/月
  • 留守番電話 300円/月
  • キャッチホン 200円/月
  • 転送電話 0円/月
  • 容量追加パック 300円/100MB
    購入翌月から3ヶ月間有効。ベーシックプランも容量追加できる。

その他費用

  • SIMカード再発行 3000円/枚
  • SIMカードサイズ変更 3000円/枚
  • SIMカード交換 3000円/枚
  • MNP転出 3000円
  • 迷惑電話ストップサービス 0円

支払い方法

クレジットカード、楽天デビットカード、スルガ銀行デビットカードの他月100円の手数料で口座振替にも対応。
端末の支払い(分割金除く)と月額基本料金、楽天でんわ、5分かけ放題オプションに楽天スーパーポイントが利用できる。端末の分割払いを楽天クレジットカード払いにすると分割手数料がかからない。

解約時に分割払いの残債がある場合、完済まで分割での支払いになる。

特徴

850円のオプション料金で5分までの通話が無制限

5分以内の短い電話を何回もかける人におすすめのオプションです。

楽天モバイルが5分かけ放題オプションを開始

月額基本料金が初月無料

1ヶ月無料ではなく初月無料なので注意。月末に契約すると無料期間は数日だが、月初めに契約すれば1ヶ月近く無料になる。

楽天市場の買い物でポイント2倍(要エントリー)

通話SIMを契約ならスーパーポイントアッププログラムで楽天市場のポイントが契約している限りずっと+1倍になります。(通常の1倍と合わせて+2倍)仮に楽天市場で毎月10000円の買い物をする人だと月に100ポイントもらえることになります。月額料金が間接的に100円安くなったのと同じことになります。

楽天市場ユーザーならこれはかなりのメリットでしょう。しかもこのプログラムは最大で7倍まであげられますので、買物額とプログラムの倍率によっては間接的に月額料金を無料にすることも可能です。これが楽天ユーザーなら一番におすすめできる点です。

無料の楽天メール

無料メールが使えるMVNOはいくつかありますが、競争の激しい業界なのでいつMVNOを移るか分かりません。そう考えるとGoogleのGメールやYahooメールを使ったほうがいいです。しかし楽天ユーザーであれば楽天モバイルを使い続けるメリットがあるので、利用価値はあるかもしれません。

低速プランがある

低速専用プランがあるのは意外と珍しいです。ある意味楽天モバイルの最大の特徴といってもいいです。

楽天モバイルのベーシックプランは実は制限がありません。高速通信のように3日間当たりの上限もなければ1ヶ月の通信量も無制限です。高速通信を必要としない人にはいいかもしれません。

一つ注意点をあげると楽天モバイルのベーシックプランでは、容量追加パックを購入して高速通信を使うことができません。完全な低速利用となります。
低速プランでも高速通信が使えるのを確認しました。繰り越し時と容量追加パック購入で使うことができます。

楽天モバイルの低速通信はどれだけ使えるのか試してみた

楽天ポイントが貯まる

月の支払い100円に付き楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。事務手数料や端末代は対象外。

クレジットカード以外で支払える

ほとんどのMVNOがクレジットカードのみの対応の中、デビットカードと口座振替で支払えるのは貴重な存在です。

更に楽天スーパーポイントでも支払えるようになり他社に比べて大きなアドバンテージとなっています。

3日制限のないプラン

楽天モバイルは3日間で規定の通信量を超過すると速度制限されますが、新設された20GBと30GBプランに限ってはこの3日制限がありません。

注意点

対応端末

楽天モバイルは3G端末では利用できない。

速度制限

楽天モバイルには3日間上限というものが存在します。これは3日間の高速データ通信量が、規定量を超過すると高速通信が規制されるものです。規定量はプランによって以下のようになっています。

  • 3.1GBプラン 540MB/日
  • 5GBプラン 1GB/日
  • 10GBプラン 1.7GB/日
  • 20GBプラン なし
  • 30GBプラン なし

3日間上限を超過して制限された場合の速度は最大200kbpsになります。この3日間上限はちょっと特殊仕様になっていて、全部説明すると長くなるので別記事にまとめました。

楽天モバイルではデータの節約や繰り越しはあまり意味が無い

最低利用期間と解約金

データSIMと050データSIMは基本的になし。通話SIMは12ヶ月。期間内に解約すると違約金9800円が発生します。

コミコミプランは24ヶ月の最低利用期間と違約金は12000円。

キャンペーンによってはデータSIMと050データSIMやオプションにも最低利用期間と違約金が設定されている場合あり。

SIMカードの返却

楽天モバイルでは申し込んだ時期によってSIMカードの返却先が違う。

  • 2015年10月5日以前に申し込んだ人
    〒338-0824
    埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
    物流センターSIM返却係
  • 2015年10月6日以降に申し込んだ人
    〒107-0052
    東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
    楽天モバイルSIM返却係

比較

高速データ通信の切替

アプリで高速通信のON、OFFを簡単に切替できます。高速通信をOFFにした状態でデータ通信しても高速容量は消費されませんが3日間上限の容量にはカウントされます。低速で利用して3日間上限に達したら高速が使えないので切り替える意味がありません。

3日間上限に引っかかって制限をかけられた時に、高速通信がONになったままだと低速しか使えないのに高速容量を消費します。

これを防ぐために高速通信をOFFにする必要があります。楽天モバイルでの高速通信の切替はこの時しか利用価値がないです。

(3日上限に引っかからないような人には利用価値あり)

データの繰越

余ったデータ量は翌月まで繰り越して使うことができますが、3日間上限内でしか利用できないので消費できる容量に限度があります。

例)各プランの3日間上限

  • 3.1GBプラン 540MB/日
  • 5GBプラン 1GB/日
  • 10GBプラン 1.7GB/日
  • 20GBプラン なし
  • 30GBプラン なし

3.1GBプランは日割りにすると1日あたりに使える高速通信量は180MBになります。毎日180MBを30日使うと5400MB。ここから月の容量3.1GBを引いて2300MBです。これ以上節約して繰り越しても翌月に使い切れません。

更に3日間上限は低速通信量も総量に加えられます。低速通信してまで翌月に繰り越す意味があるでしょうか?楽天モバイルでのデータの繰り越しは、あくまで高速通信で利用した上で余った分を繰り越すというのが正しい使い方になります。

ちなみに3日制限ですが総量を超えてもすぐに制限されるわけではなく、翌日の1:00頃に制限されます。それまでは普通にデータ通信でき、総量を大きく超えて使うこともできるようになっています。ただしその分制限が解除されるのが延びるだけなのであまり意味はないですが。他にもSIMを契約しているならこういった使い方もできます。

例外

低速専用のベーシックプランでは高速通信の3日上限がありません。低速通信に切り替える事もできないようになっています。高速容量を使いきったら低速通信になります。

アプリ

契約容量と繰り越し分の容量確認。直近3日間のデータ通信量のチェック、高速通信のON/OFF切り替えをはじめ、追加チャージや利用明細の確認などができます。結構多機能ですが、3日間制限中は操作ができなくなり、低速利用量の確認ができなくなるなど不便な面もあります。

MNP転入

2016年5月9日から、SIMカードを受け取ってからMNP手続きできるようになりました。電話とインターネットが使えない不通期間はほぼなくなりました。

sim交換手数料

simカードの再発行、サイズ変更、交換にかかる手数料が4000円と高め。

※2016年9月23日から3000円に変更されて他社並になりました。

コメント

楽天モバイルでは前述したように高速通信のON/OFF切り替えやデータの繰り越しはあまり意味がありません。
ベーシックプランを除いて低速で利用するのはあくまで高速容量を使いきった時のみがいいでしょう。これらの特殊仕様から毎日のデータ通信量に波のある人には向いていません。

3日間上限があるのでこの範囲に収まるような平均的な使い方をする人向きです。尚且つ楽天の会員で楽天市場など楽天グループを利用しているのならおすすめできるMVNOです。

まとめ

楽天モバイルはこんな人向け。

  • 楽天会員で楽天グループを普段から利用している。
  • 毎日の通信量がだいたい一定している。
  • 短い電話をたくさんかける。
  • 1日のデータ通信量が180MB未満なら3.1GBプラン。
  • 180〜333MB未満なら5GBプラン。
  • 333〜566MB未満なら10GBプラン。

楽天モバイル公式

関連記事

楽天モバイルのデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
対象期間中にLINEモバイルを利用開始し、「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」をご利用の方に2ヶ月間3GBを付与8/31まで。またarrows M03が5000円引きはなくなり次第終了。

DMMモバイル春の生活応援キャンペーン
新規申し込みで契約手数料の3240円(税込)が無料。2017年5月31日(水)まで。

楽天モバイル:【初夏の大特価キャンペーン】
HUAWEI nova liteが15700円〜など6月8日(木)9:59まで。通話SIMのみの申し込みで1000円×6ヶ月割り引き、7月13日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で8000ポイントプレゼント5/29(月)10:00まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
3GB以上のプラン申し込みで5000円キャッシュバック。スマホ+端末だと最大13000円キャッシュバック。6/4まで。

スポンサーリンク