テザリングを日常的にする人におすすめの格安SIM

テザリングはスマートフォンやタブレットをルーター代わりにして他のデバイスをインターネットに繋げることです。

直接繋げるのに比較して端末をまたぐ分通信量を多く消費し速度も遅くなります。このことからテザリングという観点で格安SIMを選ぶには、なるべく通信速度が速く容量の多いプランを選ぶ必要があります。たまにテザリングする程度であれば容量は少なくてもいいですが、通信速度は速いに越したことはありません。

といっても日常的にテザリングをしないのであれば、特にテザリングという観点で格安SIMを選ぶ必要はありません。

あとテザリングで何をするかですが、動画視聴はやめたほうがいいです。2時間ものの映画をスマフォでストリーミング視聴すると、標準画質で700MBくらいの通信量になります。テザリング経由でパソコンで観た場合、2GB近い容量が映画1本でなくなった経験があります。せいぜいタブレットで短い時間にしておいたほうがいいでしょう。

このようにテザリングは通信量が多くなるので、日常的にするのであれば無制限にデータ通信できるプランか大容量のプランがいいことになります。

そして通信速度も遅くなるのでなるべく速いところがいいのですが、無制限プランだと総じて速度は遅くなる傾向にあります。なのでテザリングで格安SIMを選ぶ場合は、容量と速度のバランスをどうとるかというのが基準となってきます。

速度は遅いけど無制限に使えるプランか、速度は無制限より速いけど容量に限りがあるプランか、これにどこまで月額料金を払えるかも絡んできます。

料金比較表

MVNO 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
IIJmio 10GB 2560円 2700円 3260円
mineo(Aプラン) 10GB 2520円 2520円 3130円
mineo(Dプラン) 10GB 2520円 2640円 3220円
DMM mobile 10GB 2190円 2340円 2890円
イオンモバイル 12GB 2680円 2820円 3280円
DMM mobile 15GB 3600円 3750円 4300円
DMM mobile 20GB 4980円 5130円 5980円
イオンモバイル 20GB 4980円 5120円 5980円
イオンモバイル 30GB 6980円 7120円 7980円
イオンモバイル 40GB 9980円 10120円 10800円
イオンモバイル 50GB 13800円 13940円 14800円
U-mobile(LTE使い放題) 約20GB 2480円 2630円 2980円
DTI SIM(ネットつかい放題) 90GB以上 2200円 2350円 2900円

mineo

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
Aプラン10GB 10GB 2520円 2520円 3130円
Dプラン10GB 10GB 2520円 2640円 3220円

mineoのプランは10GBまでですが、フリータンクで毎月1000MBまでもらえるのと、低速通信が無制限なので、10GB〜20GBを使う時にIIJやDMMよりも使いやすいと言えるでしょう。

また5回線まで複数回線割の50円が適用されるので、3GBプランを5回線契約すると4250円で15GBです。これにフリータンクで5回線分1000MBをもらうと20GBになります。

プラン 容量 月額料金
3GBプラン✕3 9〜12GB 2550円
3GBプラン✕5 15〜20GB 4250円

上の表はドコモプランでデータ専用SIMを複数回線契約した場合の料金。容量はフリータンクからの1000MB分も含めている。

mineoの詳細

mineo公式サイト

U-mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
LTE使い放題プラン 約20GB 2480円 2630円 2980円

U-mobileの使い放題プランは公表されていないが3日制限がある。利用していた経験から2GB前後だと思われるが、数値が公表されていないので状況により変わる可能性もある。使い放題とはいえ月に20GB程度が利用できる範囲となる。1日にすると700MB程度だ。

無制限プランの中では1番速度はまし。月の通信量が10〜20GBならIIJmioよりもテザリング作業には向いている。詳しい理由は以下のレビューをご覧ください。

U-モバイルのLTE使い放題プランはテザリング向き

U-mobileの詳細

U-mobile公式サイト

DTI SIM

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
ネットつかい放題プラン 90GB以上 2200円 2350円 2900円

10GBプランがネットつかい放題プランに改変された。こちらは未知数な部分があるが、料金はU-mobileの2480円に対して2200円と安い。速度制限も1日に1〜3GB程度では制限されないということなので、料金と容量の面ではU-mobileよりも優れています。

後は通信速度ですが、実はDTI SIMの親会社フリービットがU-mobileのMVNE元になっています。それを勘案すると速度もU-mobileと同等か、速くなってもおかしくありません。

DTI SIMの詳細

DTI SIM公式サイト

IIJmio

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
ファミリーシェアプラン 10GB 2560円 2700円 3260円

月の通信量が10GB以内におさまるのであればIIJmioはおすすめ。平日のお昼の時間帯を除いて安定した速度で利用できる。10GBを超える場合は低速通信も利用することになるので、もっと容量の多いプランの方が使いやすい。低速通信とシェアの併用で20GB程度まで利用できる。

IIJmioの詳細

IIJmio公式サイト

DMM mobile

プラン 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
10GBプラン 10GB 2190円 2340円 2890円
15GBプラン 15GB 3600円 3750円 4300円
20GBプラン 20GB 4980円 5130円 5980円

DMMは10GBよりも大容量のプランとして15GBと20GBプランがあります。無制限プランより料金は多少高くなりますが、安定した速度でテザリングするならまだ許容できる範囲の料金だと思います。20GBプランは10GBを2つ契約したほうが安くなる。(初期費用は必要)

DMM mobileの詳細

DMM mobile公式サイト

イオンモバイル

MVNO 容量 データSIM SMS付SIM 音声SIM
12GBプラン 12GB 2680円 2820円 3280円
20GBプラン 20GB 4980円 5120円 5980円
30GBプラン 30GB 6980円 7120円 7980円
40GBプラン 40GB 9980円 10120円 10800円
50GBプラン 50GB 13800円 13940円 14800円

イオンモバイルは大容量プランが一番多いです。10Gの上は12・20GBと続き更にその上もあります。20GB以上になるとちょっと料金は高いですね。まあテザリングだけで30GBを超えるのは動画視聴しないとなかなかいかないと思います。テザリングでの動画視聴をおすすめしないのは前述した通り。20GB以上のプランを契約するなら複数プランを契約したほうが割安になります。

イオンモバイルの詳細

イオンモバイル公式サイト

複数のプラン

mineoなどで少し触れましたが、20GB以上になるとかなり割高になるので、2つのプランを契約するという手もあります。例として約20GB使えるU-mobileとIIJの10GBプランを契約すると5040円ですが、DMMやイオンの20GBプランよりも10GB多く使えて、60円高いだけになります。IIJをDMMにすれば310円安くなります。

まとめ

  • 10GB以内の通信量なら無制限プランでないところのほうが速度が出やすい。テザリングは通信量が多くなるので3日制限があるところは避ける。

  • 10GB以上になると10GBプランで低速を併用するよりも、無制限プランの方が使いやすい。

  • 15GB以上の大容量プランは高くなっていくので速さを取るか、安さを取るかになる。

速度と容量重視派

速度と容量を重視するなら大容量プランがいいが料金は高くなる。
違うタイプのプランを2つ契約するか、mineoを複数契約すると料金を多少抑えることができる。

  • mineo複数契約
    3GBプラン✕5で高速通信で最大20GB使える。DMMやイオンの20GBプランより料金が安くなる。

  • U-mobile+他社プラン
    U-mobileの速度が遅い時や20GB以上使う分を他社プランで補う。

  • DTI SIM+他社プラン
    容量はDTIで補って速度が遅い時用にIIJの3GBプランなど。

容量と料金重視派

容量と料金を重視するなら無制限プランだが速度は遅くなる傾向にある。

  • DTI SIM
    ネットつかい放題プランで大容量を利用できて料金も安い。

  • U-mobile
    LTE使い放題プランで約20GB程度使える。料金も安い。

速度と料金重視派

速度と料金を重視すると10GBプランだが容量は少なめ。IIJとDMMとイオンは低速通信とシェアを利用して+10GB程度まで使える。mineoは低速を無制限に使える。しかし低速を利用したテザリングは、遅めの無制限プランよりも遅いので、無制限プランのみで利用したほうが使いやすいことになる。

  • IIJmio
  • DMMmobile
  • イオンモバイル
  • mineo

パソコンでテザリングが多いなら

格安SIMでテザリングをするのは先述したように通信量が多くなり速度も遅くなりがちです。スマホやタブレットの小さい画面ならまだいいのですが、パソコンになるとかなりデータ量をくいます。

日常的にパソコンでテザリングをするなら、格安SIMより料金は高くても素直に固定回線を引くかWiMAX2+を契約したほうが作業効率的にいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめキャンペーン情報
おすすめキャンペーン情報

LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
対象期間中にLINEモバイルを利用開始し、「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」をご利用の方に2ヶ月間3GBを付与8/31まで。またarrows M03が5000円引きはなくなり次第終了。

DMMモバイル春の生活応援キャンペーン
新規申し込みで契約手数料の3240円(税込)が無料。2017年5月31日(水)まで。

楽天モバイル:【初夏の大特価キャンペーン】
HUAWEI nova liteが15700円〜など6月8日(木)9:59まで。通話SIMのみの申し込みで1000円×6ヶ月割り引き、7月13日(木)9:59まで。

楽天カード
楽天モバイルで月額料金を安くしたいなら、ぜひ持っておきたいのが楽天カード。スーパーポイントアッププログラムで無料も可能です。新規入会と利用で8000ポイントプレゼント5/29(月)10:00まで

U-mobileトライアルキャンペーン
事務手数料・解約金なしで、データ専用SIMの5GBプランを最大2ヶ月間試すことができます。

半年お試しプラン
DTI SIM初めての方対象。データSIMの3GBが半年間無料。電話定額プランだと5分かけ放題が付いて半年間1480円/月。

BIGLOBE SIM
3GB以上のプラン申し込みで5000円キャッシュバック。スマホ+端末だと最大13000円キャッシュバック。6/4まで。

スポンサーリンク